Monthly Archives: 1月 2016

「恋」と「愛」の違い

結婚観について

結婚を焦って婚活しているかたは非常に多いことです。あるいは結婚相談所に行かれる方はとても多いと思います。回りが結婚し始めたり、両親からは「早く孫の顔が見たい」とせかされたりもするのかとも思います。ですが、焦りは禁物です。正直なところ、結婚できる人は普通にしていても結婚できます。しかし婚活パーティにいったり、結婚相談所に行かれる方は厳しい言い方をしてしまえば「普通にしていては結婚が出来ない人」ということになってしまうのです。ではなぜ結婚が出来ないのか、という問題になってくるかと思います。内面であれ外面であれ、問題は多々出てくるかと思いますが、多くの問題は「内面」にあります。価値観であったり、考え方であったり性格であったりとまちまちではありますが、多くは「内面的に結婚できない」という方が多いのではないかと思います。

「恋」と「愛」

では結婚において必要なものは何かというと、結婚はそもそも「愛情」をもって行うというのが通説であるかと思います。ここで勘違いしてはいけないのは「恋」と「愛」は全くの別物であるということです。恋とは「求めるもの」であり、愛とは「与えるもの」です。恋をする気分で結婚をしようとしている人は危険です。結婚した後のことを考えてみてください。自分の思い通りの生活になる保証なんてどこにもありません。結局は他人が一緒に生活を共にするわけですから我慢の連続の日々になってくるかと思います。そうなると「求める」なんてことを考えていると大変なことになってしまいます。考え方として「与える」という考え方が出来ないと破たんしてしまうでしょう。「与える」ということは裏を返せば「求めない」ということです。結婚生活において、相手に何かを「求め」てはいけないのです。

より良い婚活

結婚したいという男性も女性も世の中にはごまんといるでしょう。しかしそこで一度考えてみてください。おそらく誰彼構わず結婚したい、誰でもいい!と思っている方は少ないでしょう。ほぼいないかとも思います。しかし、口ではそういっている方でも、選り好みをしているからこそ結婚できないという方も多いです。別に選り好みをするのが悪いということではありません。ただほかの方もそう思っているというだけのことなのです。ほかの方に選ばれるための努力はしていますでしょうか?まずは自分が選ばれるために、魅力的にな男性や女性になる努力をすることが1番の婚活なのではないかと思います。